So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨明け延期 [演奏]

 どうも梅雨明けが先延ばしになるらしい。 というってもずーと雨が降り続くわけでもなく、所謂気象庁が納得する梅雨明けの状況にはならないということだ。 しかし7月初旬、中旬と続いた猛暑はここへ来て一定の平年並みという状況に落ち着き、体のほうは慣れ、逆に風が無くても眠れる状況である。

 前々回のマイクホルダーですが、どうもダイソーのスマホホルダー自身は、世の中のスマホの横幅は71~76mmという限られた寸法のため、ばねは硬くていい。 しかしこれをギターホルダーにするには硬すぎるため、

mic holder 2-1.jpg
ばねを購入。100円くらい。 外形4mm 
このばねはやわらかい。
半分にして装着
mic holder 2-3.jpg


mic holder 2-4.jpg
装着。 ニッパもダイソー (刃がだめになるから、こういうのはダイソーを使う)

mic holder 2-5.jpg
mic holder 2-6.jpg

タイトル 雨雫



製作、演奏 UFO Flatfield
Gut Guitar : YAMAHA NTX700 + ZOOM A3 (Line + AT AT180)
Perc.: Plug-in
DAW : Cubase Elementsw 9

さてエイリアスノイズはどうか?
上の曲ではないんですが、エイリアスノイズが出やすそうなソフトシンセと、ひずみ系のエフェクターを組み合わせ、Voxingo の SPAN というフリーのスペクトルアナライザーが96kHzまで測れそうなので観てみました。

Noise Check 1.jpg
grungelizerというCubase標準の雑音付加のプラグイン。 これは今音は出してません。 ノイズだけ出っ放し。
すごい超音波が出ています。(本当かよ・・・)

Noise Check 2.jpg
シンセの音にビットクラッシャー(デジタル系ディストーション)。 シンセのほうは20khzに届いていないんですが、歪ませると20kHzを超えるノイズが発生します。

noise check 3-7.jpg
オーバーサンプリング付きの真空管シミュレーターで歪ませました。 でも歪ませるとナイキスト周波数までぎっしり出るよう出す。 オーバーサンプリングを上げると出にくいかな?という印象。

多分、ナイキスト周波数にぶつかると、超えはしないのだが、やっぱり折り返すのだろうか?といったかんじ。 ソフトシンセで更に歪ませないとここまで出ません。 それとDA変換のときには、この超音波は出力されているのか? 蚊とかは聴こえているのか?
nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 2

green_blue_sky

梅雨の時期の確定は9月ですので、いつ入っていつ終わったは、2か月後に正式にわかります~
by green_blue_sky (2017-07-27 21:49) 

Flatfield

>green_blue_sky様
そうだったんですか・・・
by Flatfield (2017-07-29 00:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0