So-net無料ブログ作成

今使っているフリーコンプ 64bit [動画]

 現在、Cubase Elements 9 は64bitのものを使っている。 Ableton Live 9 lite は32bitのものを。 なのでプラグインもそれぞれ64bit、32bitと分けてるかっている。
 今日はCubase付属のものではなく、フリーのいつも使っているコンプレッサーを紹介する。
先ずは単純なコンプレッサー、
compressor2.jpg
Klanghelmの DC1A と DC1A2 扱いが簡単で、inputを2~4ぐらいで出力を調整するだけだ。 気分でDEEPとかRELAXEDを使う。

最近出てきたコンプと定番のコンプ。
Compressor1.jpg
RoughRiderは定番中の定番。 何にでも付けられる。 ちょっとかけるだけでそのトラックの存在感が出る。
StigeTのHybrid Bus Comp HBC-2 はまだ使ってない。 バス・コンプはあってもいいだろうと一応。
同じくStigeTのSLAX、これも使いやすい。

compressor3.jpg
NomadのBus Driver 無償配布されたもの。 これはプリセットが付いている。 真空管コンプ。

compressor4.jpg
KlanghelmのMJUCjr これはプリセットは無かったが、見たとおり簡単に使える。
TDRのKotelnikovは色々つまみが多いが、プリセットがしっかり付いているのでさほど困らない。

次はイコライザーとコンプが合体したもの。 
eq-comp1.jpg
TDRのNOVA、 イコライザーに4ポイントマルチコンプ付き。ローカット、ハイカットも付いている。 こいつはプリセットは無いので面倒くさいのだが、フリーでマルチコンプ付きというのはほとんど無い。 貴重だ。

eq-comp2.jpg
NOVA67Pはコンプレッサーつきのパラメトリック・イコライザーだ。 こちらはプリセット付き。 ここまで来るとプリセット任せで使い方は知らない。

でもってリミッター。
limitter1.jpg
George Young's W1 Limitter 使いやすい。
同様に、LoudMax これも使いやすい。

limitter2.jpg
limitter3.jpg
vladg/soundのLimitter No.6 と 同じく Molot
これらはプリセット任せで、最後の目的のリミット値にセットするだけだ。

以上、フリーのコンプでした。

動画でも、

 [演奏]

 4月にKeiの車検が来る。 ディーラーから車検のお知らせはがきが来た。
 もう11年で15万キロ走っている。 特に問題ないのだが、ディーラーとかは上からの省エネのお達し等で、部品はかなりぎりぎりまで交換しないし、オイルは10w-30から5w-40に代わった。 粘度の低いほうが暖機に時間をかけないで済むとか思っているのだろう。 (燃費は10w-30のほうが良かった)
 最近はご年配の方の事故をよく取り上げる。 あの「暴走」はしかし注意しといたほうがいい。 暴走事故の共通点はアクセルとブレーキを踏み間違えたというよくわからない理由。 本当に間違えたのか? あるいは?
 そういうわけであまりハイテクな機能は信用していない。

 最近は今更なのだが、ネット速度の高速化でフリーソフトの X-Tune とか Confortable PC とかを使ってみた。 過去にはネットで調べて色々とレジストリーとかの設定を替えて、挙句の果てにOSが壊れたという経緯があり、この手のことにはノータッチでいたが、どうにもインターネット速度が遅すぎる。Windows7は自動調整機能があるのだが、光とかに対しては役不足のようだ。 調べてみるとフリーソフトでもっと安全に設定を替えるソフトがあったので、恐る恐る使ってみた。 まずはサブのPCで。 結果、速度は数値的には(画期的に)速くなった。 実際はほんのちょっとという感じだ。 PCハードの限界なのか?またはネットの速度がこんなものなのか? よくわからない。 上記の2つのソフトは比較的安全なソフトだ。 変なスパムも付いてこないし。

タイトル Top Secret



製作、演奏 UFO Flatfield
Gut Guitar : YAMAHA NTX700 + ZOOM A3
Synth : Plug-in
DAW : Ableton Live 9 Lite

 先週末のライブ観戦はやっりぱいい刺激であった。 

今日は写真無いのでちょっと無駄な文章で埋めてしまった。

強行 [音楽その他]

 ここ数日4月下旬並みの日と、一転して平年並み寒さが来た。 特に一つの地域に住んでいる場合はそれほど問題ではない。 しかしその変化の激しい日々に場所を移動する場合は、どんな服を着ていればいいのか悩ましい。

 土曜は東京の国分寺という所でのライブを観に行った。 所謂、多摩川音響さんのライブである。
Tamaon-1.jpg
Tamaon-2.jpg
すばらしい演奏であった。  帰りがけに挨拶しようと思っていたが、ごたごたしていたのですぐ帰った。 

Ultraman-Tiga.jpg
(東北道あぶくまPA下り、ウルトラマン・ティガ)

休憩 [動画]

 最近は創作意欲があまり湧かないのかサボっている。 もともと音楽教室とか音楽系の教育は受けていないので、基本というものは希薄である。 もっとも何を持って曲を作っているかは聴いたもの感じたものだけなので、下手に教育を受けた人よりは自由である・・・と思っっている。
 なによりもアウトプットを出したければインプットであり、あなたの体を作っているのは、あなたが食べたものであり、 より多くのインプットを大事にしている。

 そういうわけで、珈琲を買った。 ヨークベニマル*1にて一袋500円でセルフ詰め込みのコーヒー豆。 一袋Max220g入りますよ。 と書いてあったので買ってしまった。 
kilimanAA-1.jpg
入れ方が甘い。 これは入れるための机とか全く無かったので、片手で袋を持ち、片手で豆を掬い入れる。 トントンと振動とか与える机とかは無い。
kilimanAA-2.jpg
150gしか入ってなかった。 220gはどうだかわからないが、180gぐらいは入れられるだろう。 次回リベンジしたい。
kilimanAA-3.jpg
豆はキリマンAA。 100g400円ぐらいで売られているだろう。 昨年コストコとか進出しちゃって、コーヒー豆もかなり安かったから、多少とも対抗しているのだろうか?

kilimanAA-4.jpg
もちろん今朝とか昨日とか焙煎したものではなく、書かれた日付では13日であった。(15日購入) もっとふるいのもあった。

kilimanAA-6.jpg

ギターアンプ2台、カセット式MTR1台 売却。 ギターアンプはピギーとフォトジェニックの小型のもの。 これは元々安い。 音も安い。 全然使ってなかった。 カセット式MTRはフォステックスの4トラで、電源受けが不安定だったが、音は鳴った。 カセットも入れっぱなしで、過去に録音した曲が入っていた。 意外と動くんだ・・・
(だがしかし、買取200円)

Mathias Grassow - Veiled Auranauts


20170216 field.jpg

更新とか [演奏]

 あっという間に節分も過ぎ、一応 ”寒” は終わっている。
今年はがばっと雪が積もったことがまだない。 一瞬積もってもすぐ融けてしまう。

Cubase Elemens 9 は9.0.10となった。 前回は 2 だったんで 3~9 が抜けている。
まだ9.1にはなってないので、本当に小さな更新内容なのだろう。

でもってあまり使ってない Ubuntu Studio は 16.04 LTS になっていた。 アップグレードしてしまったが、実はアップグレードは不具合が多いので新規インストールが問題ないようだ。 といっても特に使ってないので下取りして新しい(中古の)PCでも買おうか?とか考えている。

ここ2~3年赤い発疹が体中にランダムに発生していたが、どうもこれはボディソープ・アレルギーのようだ。 石鹸にしたら徐々に消えていった。 それ以前は全く問題なかったのでアレルギー体質になってしまったか? 原因がわかってやや安心。

タイトル Simple Town



製作、演奏 UFO Flatfield
Synth : Plug-in
DAW : Cubase Elements 9

 最近は楽器を処分してまして、エレキギター2本、キーボード1台。 エレキは中古買いしたものだが3万で買ったのが1万5千で売れた。 使用頻度があまりに少なく、結局必要ない。 売るとスペースが空いて助かる。

Mitazono-St.jpg