So-net無料ブログ作成
検索選択

ガットギター [楽器]

 また一段と春が来た3連休でした。
蔵王がいい感じに現れました。
20170320 Zao2.jpg
20170320 Zao1.jpg

さて、私がメインに使っている楽器は”エレガット”と呼ばれていますが、所謂 エレクトリック・ガット・ギター というもので、ガット弦を使ったギターにマイクとプリアンプを内蔵してLine出力が出来るギター というものです。 ガット弦といってもガット弦相当のもので、
ガット弦:羊の腸
ナイロン弦
フロロ・カーボン弦 (釣り糸)
ナイルガット (ガット弦に似せたナイロン弦)
の4種類があり、通常ナイロン弦かフロロカーボン弦が一般的に使われています。

で、エレガットですが、
1.クラシックギターにマイク、プリアンプを付けた物。
2.フォークギターにマイク、プリアンプを付けた物。ただし糸巻き、ブリッジはクラシックのもの。
3.クラシックギターとフォークギターの中間の設計で作られたもの。
以上の3種類があり、その辺は注意してみないといけない。

1.クラシックギターにマイク、プリアンプをつけたもの。
ClassicGuitar1.jpg
これは普通のクラシックギターでマイクは付いてないんですが、後付で付けられます。
ヘッド側のネック幅が52mm。
ClassicGuitar2.jpg
本体の厚みも90mmと分厚い。

2.フォークギターにナイロン弦。
ARIA AMB-35-1.jpg
これはフォークギターなんですが、ナイロン弦を付けました。普通に鳴ります。 高音が大きい。
写真のものは本体がABSの樹脂ボディ。

3.中間ですが、
Takamine 1.jpg
タカミネはいろんな種類のエレガットを作っています。上記の1,2,3 の3種類それぞれあります。
ネック幅が46mm
Takamine 2.jpg
本体厚みもクラシックよりは少し薄くなる。

YAMAHA NTX700-1.jpg
ヤマハもNTXシリーズは中間タイプ。 NCXシリーズがクラシックに近いタイプ。
こちらもネック幅46mm
YAMAHA NTX700-2.jpg
本体がさらに薄くなり、中低音がさっぱりしています。
上記3種類からまた外れたタイプがあり、 サイレント・ギターとかソリッド・タイプとか、、、
ARIA SINSONIDO-1.jpg
サイレント・タイプはヤマハのサイレントギターとかアリアのシンソニードとか。 ソリッド・タイプだとGodinとかCortCrafterとか。
ARIA SINSONIDO-2.jpg
シンソニードはコンデンサーマイクを使用。

で、私としてはハイポジションのオープンコードを多用するので、ネック幅42mmは狭くて、指が他の弦に接触しやすい。 他方クラシックのネック幅52mmだと、そこまで手がでかくない。。。 なのでネック幅46mmぐらいのものを使用することが多い。 また12フレットとかのハイポジションも使用するため、クラシックの12F接続だと指が抑えづらい。 14F接続でシングル・カッタウェイが望ましい。 というわけです。

P.S 話は変わりますがso-net側のほうでMP3プレーヤーがHTML5タイプに代わりましたね。 フラッシュのときはブラウザにより表示されなかったり、フラッシュが古いと撥ねられたりしましたし。 それとプロフィールの音声が表示されなくなっちゃいました。 プロフィールの所から音声に入ると、過去の曲が一機に表示されてたんですが・・・

4月 Takamine NPT110n [楽器]

 先ず最初にメリタのコーヒードリッパーだが、使ってみると結構良い。
Mellita Aroma Filter
Melittta Aroma Filter.jpg
以前からあった底に一つ穴ではなく、やや底から少し上がった箇所に穴を設置してある。 通常蒸らしのときのお湯は入れすぎると下から出ちゃうが、これは溜まる。 蒸らしが十分行える。 またある程度お湯を入れて重力を掛けてやらないと抽出しない。 底に穴がある以前のものよりもやはり”ため”ができる。
 今飲んでいるコスタリカは普通に淹れると物足りないが、これで”ため”て濃く淹れるといい感じになる。

 ところで、昨年購入したタカミネのエレガット NPT110N であるがイコライザーがおかしく、セレクターでイコライザーにすると音が出ない。 今までパスで使っていた。 今回取り出して中を見てみた。

プリアンプを固定している爪は2つで、電池の脇とその反対側。
Takamine pa 2.jpg
Takamine pa 3.jpg
ここをちょっと押してやると取り外せる。 (専用の取り外し棒みたいなものがあるそうだ)
Takamine pa 1.jpg
Takamine pa 4.jpg

配線は2本で、ピンタイプとプラグタイプなので簡単に外せて間違えない。
カバーを開けると、
Takamine pa 6.jpg
中を開けたらぽろっとパーツが飛び出てきた。
Takamine pa 5.jpg
コンデンサー 足が腐食しているようだ。 他のコンデンサーも多分腐食しているだろう。
Takamine pa 7.jpg
0.47uF,50Vの?コンデンサー。

ちょっと直すのは難しいかもしれない。

別のプリアンプをつけるという手もある。 高峰はプリアンプのボックス自体は統一してるのでプリアンプだけ購入という手もある。http://www.takamineguitars.co.jp/products/preamp/
他に何もつけないという手もある・・・

2月 シンソニード メンテナンス [楽器]

 そういえば、ARIA Sinsonido の弦交換とメンテナンスについて書きそびれていたので・・・

弦交換の前に、糸巻きがスムーズでなかったので、一度はずしてみた。

弦を外した後、ねじ4つ外せば、簡単に取れる。
ARIA Sinso 3.JPG

ARIA Sinso 2.JPG

加工はこんなもんなのか? よくわからないが。
ARIA Sinso 4.JPG

ARIA Sinso 9.JPG

ARIA Sinso 10.JPG


しかし、中に削りかすが入っていた。 そんなものか。
ARIA Sinso 5.JPG

ARIA Sinso 6.JPG

接触部分はシリコングリスで対処。
ARIA Sinso 7.JPG

弦はこれ、
ARIA Sinso 8.JPG

ナットもちょっと加工した。
ARIA Sinso 1.JPG


1月 キーボードとか [楽器]

 なんだかんだ言って、雪が積もってない。 少しは降るんだが。。。

キーボードを買った。 詳しくはMIDIキーボード、パソコンや音源につないで、音を出すほうのキーボードである。 今あるシンセをつないでもいいんだが、MIDIキーボードってのは、軽いんで、持ち運び、置き場所に困らない。  楽器屋よりもヨドバシのほうが安かったので、ヨドバシ仙台店に行く。 ヨドバシ仙台店では楽器やDTM機材などの売り場が分かれている。 例えば 電子ピアノ、マイク、ヘッドホン等は2F。 オーディオインターフェースの一部は3F。 そしてDTM機材、(midiキーボード、オーディオインターフェース、音楽ソフト)は1F。 おいおい・・・ 買ったのは Roland の A-49 という49鍵で、15kぐらいで、そのクラスでは評判はいい。 (隣の60Kのネイティブ・インスツルメントのキーボードは、すごいいい感触のキーボードだったが・・・)
Roland A-49 1.JPG

キーボードがメインで、コントローラーは少しだけ。
Roland A-49 2.JPG

Roland A-49 3.JPG

こいつは、鍵盤の評判もいいが、 実はあこがれの D-Beam が付いている。 簡単に説明すると、 テルミン みたいな感じか。音程、音量、モジュレーション等が変化する。 赤外線距離計だと思われるが。 逆にD-Beam 付きの一番安い機材は、A-49だったりする。 弾けるわけではないが、質のいい鍵盤のほうがいい。
赤外線カメラだとよく分かる。 近赤外線で距離を測っているようだ。 しましまの光を出している。

直接赤外線モードで撮影。 横縞の光が出ている。 
A-49 D-Beam 1.JPG

LEDから出ている光を別の板に写して撮影。 しましまだと分かる。
A-49 D-Beam 2.JPG

これも直接撮影。
A-49 D-Beam 3.JPG

他に、SuperNaturalボタンが有り、 RolandのIntegra7をつなげると価値が出るそうだが、購入予定は無し。 サンタナのスーパーナチュラルがかかったり、ウインチェスター兄弟が出てくるわけではない・・・

それとは別に、ジャンク品を購入。(ハードオフ) どう見てもジャンク品ではないんだが、値札に ”音は出ませんでした” と書いてある。 どうしようか迷ったがネットで検索すると、同様のトラブルが結構ある。 つまりこれは ハードではなく、ソフト(ドライバ)あたりの不良ではないだろうか? もしかしたら直せるかもしれない と勝手に思い込んで購入。
KORG microKEY 37.JPG

結局直っていないのだが、そのうち対策ドライバーが出るのではないかと・・・とりあえず 待ち。
不良内容としては、 認識できない。 デバイスマネージャー上で ”不明なデバイス”と表記。
ネットでこうすれば直ったという事例をやってみるも、NG。

一応これに合わせて、こんなものも購入。 USB電圧計。 これで見るとハード的にはOKだと思われるが。
USB電圧計1.JPG
USB電流計.JPG

電圧値と電流値の表示が代わりばんこに出る。 なかなか便利。

11月 大型か!? [楽器]

 古い音声ファイルを少しずつ消しています。 いないとは思うけど、どうしても聞きたい場合は、コメント欄へ・・・

 さて、雨だ。雨の日の朝は、冷え込みが緩むので助かる。 ツムラの薬養酒を買ったら、生姜湯5袋、入浴剤1袋、あぶらとり紙2枚が入っていた。 気前がいいなぁ。。。

 さてさて、 結局のところ YAMAHA NTX700 を買った。 S村さんで NTX700 と NCX900FM を試奏した。 NCX900FM はもろクラシックギターで鳴りが良い、側板・裏板がフレイムメイプルだけあって、ちょっとフラメンコ向けとはいえ、700とは断然違う。 店員も高い900を勧めていたが、 NTX でないとハイポジションが苦しくなるし ネックも少し広くなる。 最後には取り寄せでNTX900FMを勧めてきたが、700に決めた。(安いし) 限定解除ならず・・・。

(曲はないが、ちょっと長くなる)

Top板はスプルース単板である。 いわゆる車で言うと 前輪はストラット独立懸架(定番) みたいな。
NTX700 1 All.JPG

指板;ローズウッド。 NTX1200からエボニーになる。
NTX700 2 Hd.JPG

材質でグレード分けしている。 ナソーとかサペリは安い木材らしい。
NTX700 3 Sd1.JPG

側板はナトー(ナソー、にゃとー)またはサペリ合板
NTX700 5 Sd2.JPG

裏板はナトー(にゃと~)またはサペリ合板 どっちでしょう? マホガニーっぽいからサペリか?
NTX700 4 Rvs1.JPG

NTX700 6 Rvs2.JPG

他に黒塗装のモデルもあるが、安い材でも木目が出ているこちらを選んだ。

電池9V。
NTX700 7 Btry.JPG

ブリッジ裏に1弦側と6弦側にそれぞれ付いている。 イコライザー(高中低)とは別に、1弦側&6弦側のマイク音量をそれぞれいじれる。 (マイクシステムはNTシリーズはすべて同じ)
NTX700 8 Brdg.JPG

糸巻きはこの価格帯にしてはいいほうだと思う。
NTX700 9 Tnr.JPG

NTX700 10 Head.JPG

さて、弦高が高い。(流石中国製) しかし、十分下げられるノリシオはある。
サドルが余裕で高い。
NTX700 11 Brdg2.JPG

ナットも余裕で高い。
NTX700 12 Nt.JPG

マイクは裏側に貼り付けてあるタイプなので、サドルをいじっても、さほど影響はないだろう。
NTX700 13 Sdl.JPG

ナットが高いと ローポジ硬い。 ナット加工(溝加工)はちょっと面倒くさい。
NTX700 14 Nt2.JPG

弦高は 1弦;3.2mm 6弦;2.7mm  これを2mmになるまで加工した。
NTX700 15 F12.JPG

NTX700 16 Sdr加工.JPG



ダイソーで買っておいたミニバイス。 前から気になっているのだが、 ダイソー製品はホッチキスを目一杯使ってないか?! 1つでいいところを3つも・・・
Mini vise.JPG

現在、弦高 1弦;1.8mm、6弦;2.3mm に加工したが、もう少しやらないと・・・

10月 去って行った台風 [楽器]

 台風は深夜、眠っている間に行ってしまった・・・ 朝方は静かだったが、その後風も強くなった。

 アリアのアコギ AMB-35 は、サドル加工がのびのびになっていたので、土日で決着を付けた。

ルーター やすり.JPG

 普通はサドルの底を、平ヤスリで削るのだが、それだと長引くので、弦に当たる方をルーターでいっきに削った。 サドルはプラスティックなので、削った後ヤスリでばりを取ればいい。

Aria bridge2.JPG

Aria bridge3.JPG

Aria bridge1.JPG

   サドルの高さ  弦高(12F隙間)
6弦 4.55mm 1.5-1.7mm
1弦 3.95mm 1.5-1.7mm
 通常2mmぐらいにする。 1.5-1.7mmだと強く弾くと簡単にビビる。(逆に各指に力加減の制御になっていいが)

 隙間にボール紙でスペーサーにした。(少し削り過ぎた) 

削り過ぎたものは、元には戻せないので・・・幾つか作っておくのがいいかもしれない。
サドル1.JPG


それとサドルにも厚みがいくつかあるようだ。

サドル2.JPG

 ネック幅42mmの アリア AMB-35 は、46mmのシンソニード購入により、もう弾けないかと思ったが、弾いてみると意外と弾けるものだ。 アルペジオをする右手が窮屈になると思われたが、少し傾けると意外と対応できるものだ。。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 曲が浮かばないと、機材に目が行ってしまう。(悪い癖だ) YAMAHAのアコギは、マイク位置が色々とある。 ピエゾのコンタクトタイプをブリッジ裏に、4箇所(物によっていは1箇所or2箇所)貼り付けて、マイクプリアンプにそれらのミキサーが付いている。 また別の機種ではアンダーサドルであるのだが、サドル一体型とか、、、それだとサドル交換はできなくなるのか?
 アンダーサドルも捨てがたい。 全部付きか、またはBTO方式か。。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 そういえば、2ndストリートでの中古PCで、ダイナブックCore 2 duo T7250 のノートPC がよく出回っている。 17kぐらいか、 ドスパラのちらしにもある。 デスクトップだと Core 2 duo E7400 の富士通かデルのデスクトップ。 業務用レンタルで戻ってきたのか? 結構大量にある。。。windows7 32bit ではあるが、このへんだと Ubuntu がサクサク動くはずだ。 当然64bitで・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2月 明日はPM2.5 [楽器]

 平年並みの2月がやってきた。 いわゆる 乾期 である。 (仙台は・・・)
まだ花粉はまっていないのか? よくわからない。 関東だともうこの時期であろう。
明日水曜はPM2.5が東北にも来るようなので注意。

 一度エンジンを切ると、中々次が出せなくなるものだ・・・
最近頭の中を低価格のオーディオインターフェイスがお互いに障害物競走をしている。 オリンピックの某国と某国のように・・・  正直 差はあまり無い筈なので、必要機能に絞っている。

 今日は楽器の写真とか・・・

G&LのL-2000を買っても、 やはりエドワーズのJBタイプのベースは手放せない。 一番弾き易い。 
Edwards JB 1.jpg

塗装はラッカー塗装である。 トップコートが。 
Edwards JB 2.jpg

モノトーンにラッカー塗装といっても上手く伝わらないだろう。 写真では分かり難いが、ポリウレタン塗装はしっかりした硬そうなつやがある。 ラッカー塗装は、ややにぶい。
Edwards JB 3.jpg
(まだシール張りっぱなし・・・ ダンカンのSJB-1a,b というのは、Hi Loが高めでMidが低目らしい。)

よく ラッカー塗装は 木材が呼吸できると言うが、 どうもうそ臭いようだ。 なんせトップコートだから・・・

Edwards JB 4.jpg

中古ショップとかで、エドワーズのレスポールタイプのトラ目のタイプで ラッカー塗装のものが良くある。 つやがやや鈍く、他と違うのだ。 いぶし塗装?みたいな・・・

Edwards JB 5.jpg

ねっ 良く分からないでしょう・・・
Edwards JB 6.jpg

さて、 ハードオフで買ったギターラック(6本用) ネックのところに布(ウエス)が挟んであるが、これは 塗装にウレタンスポンジが溶けてくっついてしまうからなのだ・・・ ウレタンスポンジが古くなったのだろうか? ラッカー塗装だけでなくポリウレタンでもくっつくのだ・・・
Guitar & Bass 1.jpg

ついでにつやも比べて見て。。。
Guitar & Bass 2.jpg

G&Lのベースは、なぜかサテン仕上げ。
Guitar & Bass 4.jpg

後ろの散らかっているCDとかは気にしないで・・・ (地震が来たら崩れる・・どうにか片付けないと・・・)

さて、 オリンピックも終わった。 ここで一息、 落ち着いたサウンドを・・・
Baked Beans (独 3人 1993年リリース Recycled or Die から・・・




ちょっと 曲 長いか・・・

1月 暦の上では・・・ [楽器]

 まったく朝の冷え込みがすごい。 窓につけた断熱カバーを外すと、見事に結露が凍り付いている、 その後溶け出す・・・ 日差しはいいので乾燥は早いようだ。

 2ndストリートで買ったARIAのギター。ギターケースがぽっこりしていたので、何が入っているのかと思い開けてみたら・・・
ARIA備品一式.jpg
結構入っていた。よく気がつかなかったものだ・・・ 
ストラップはありがたい。。何本あってもいいものだ。 うきうき度が幾分上がった。
なんか色々あるぞ?!
ARIA備品ハモニカ.jpg
ハーモニカがあった。 吹き物は得意ではない・・・(一応スチームジェットで綺麗にするか)
飾りには使える。 吹かなくても首から提げたりして・・・(いまどき・・)
ARIA備品錆び付いた弦.jpg
弦は使い古しで錆び付いていた・・・Flatfieldはうきうき度が半分になった・・・

ARIA備品取説等.jpg
どうでもいい取説。 前オーナーはロック●ンで買ったらしい・・・

ARIA備品チューナー.jpg
チューナーがあった。これは・・・クリップタイプだ。(欲しかった・・・)うきうき度は半分あがった。

ARIA備品チューナー裏.jpg
チューナーは電池切れで、CR2032はちょうど持ち合わせが無かった・・・うきうき度は幾分下がった。

中古品なので、備品なんて無いだろうと思っていたのだが、 G&Lのほうも見てみた。
G&L備品.jpg
6角レンチが2本。大きいほうはしっかり錆びついていた。 うきうき度が半分に下がった。。。
前オーナーは島●で買ったらしい・・・

 ところで、午年と言うのは、厳密には旧正月(あたり)からか? 今はまだ巳年か?

1月 油断なら無い寒さ・・・ [楽器]

 毎朝、凍てつくような日々なのだが、今朝はそれでも窓の結露は氷結していなかった。
とにかく、乾燥する。 加湿器はスチーム式を使っているのだが、 カタログを見ると ハイブリッド式が 加湿能力&消費電力からいってダントツではないか?!

 G&Lの弦は、結局 仙台駅前に島村で 040,060,075,095 のサイズを購入。 細いサイズなのだが、実は弾き難い・・・ 細過ぎると弾く指に引っかかり易いのだ。 多少太いほうが、指の先を上手く滑るのだ・・・ この辺は慣れるしかない・・・

 ついでなので掃除をした。
oink!さんのとこの綿棒ルーターをぱくった。
綿棒ルーター.jpg

これは いいね。 オレンジオイルつけてもいいし、 何もつけなくても綺麗になる。
綿棒ルーター1.jpg

ネックは綺麗。(もともと綺麗ではあったが)
G&L L-2000 Finger board.jpg

金属部分も掃除し易い。
G&L L-2000 Head 2.jpg

ところで、ブリッジには1弦側にピンがついていた。
G&L L-2000 Bridge.jpg

これが無いとサドルが共振でもするのか? FenderにもMusicmanにもこのようなものは無い。
というか サドルを囲い込みするタイプはあまりない。
G&L L-2000 Bridge2.jpg
おかげで、サドル(弦を乗せているパーツ)は動きが悪い。


 話は変わって、Diablo3は 12月 サーバーメンテはほとんど無く、 アメリカのサーバーがメンテ中は、アジア・サーバーでやっていたのだが、もちろん別キャラである。

女弓使い。
Demon Hunter Shizka Asia.jpg
本当のたまにしかしないので、レベルが上がらない・・・

いつもやっているアメリカサーバーのほうは、 現在インフェルノモードであるが、 レベルアップが遅い遅い。 死ぬような思いをしてほんの少ししかレベルが上がらない。 (死ぬ直前にログオフしているが・・・)

4月 嵐の前の静けさ [楽器]

 桜 ・・・まだです。 梅が咲いてます。

昨年、ベースのノイズ対策で試してみたもので、電子機器の組立作業に使う人体アースです。昨年、楽器の人体アース強化でやってみたものの、さほどノイズが取れた感じが無かったのですが、先日再トライした結果、効果がありました。
hito-earth.jpg
ボリュームのとこにかけてある時計用バンドを腕につける。
PUについているのはセイモア・ダンカン(製だよーという)シール。まだ剥がしてない・・・・
hito-earth2.jpg
ブリッジ本体よりも、弦やバネにクリップをつけたほうがノイズが減るようです。 材質がよく分からないのですが・・・

宅録は蛍光灯とかの家電品等、色々と細かい雑音源がありますね。  
(そういえば、昔、電話に長ーーーい延長線を使っていたら、相撲中継が聴こえた。)


 ものは変わりますが、
窓掃除用のワイパー。 ホームセンターで買ったもの(右)は、普通にワイパーの機能を果たしてますが、ダイソーで買ったもの(左)、スチーム洗浄機付属のもの(中)は、ゴム質が堅すぎて上手く水を排除できなかった。 それで 車のワイパーの使い古しをダイソー品とスチーム洗浄機付属品に、無理やり両面テープで、それも両側2個取り付けました。    性能がグッド!! 市販のワイパーより性能は上です。 さすが古くても車用。 両面テープは市販で(うたい文句)最強のものをつけてますが、どこまで持つかは疑問です。とりあえず使える!
ワイパー1.jpg

市販のもの。 分厚いので耐久性はありそうだ。 この角で水を掃く。
ワイパー2.jpg
↓ダイソーのもの形状は良い。スポンジも使い易い。
ワイパー3.jpg
見え難いですが、白い部分が本来の水はけ用ゴム(堅い)。 その両側に無理やり貼り付け。(両面テープも白い)
ワイパー4.jpg



2月 ちょっとお買い物など [楽器]

 こうも発作が無いと、本当に喘息なのだろうかと思ってしまう。 起こったら大変なんだが。  

ブックオフでどうも気になったエレキギターが1本あって、 結局買ったのだが。

Cool-Zの
Cool-Z SG 3.jpg

SG!
Cool-Z SG 2.jpg

続けて、 Cool-ZのSGタイプ。 
Cool-Z SG 1.jpg

使用形跡無し。傷無し。かなり汚かったが、きれいにした。

Cool-ZのSGは結構評判が良い(ネットでは) 作りはいいし(フジゲン)、ピックアップは上品な音を出す。 SGは高音、中音、低音のバランスが良いのでうってつけ。 歪ませると歪みすぎる。

1月 正月だー [楽器]

明けまして(多少空きまして)おめでとうございます。 今年もよろしく。

 いやー まったくもって 正月 というか 症月でして、 ずーーーーと寝てまして。 クリスマス辺りからぐずぐずと来てまして、 正月 相棒を見るぐらいの余裕はあったのですが、その後一気に直し中で。。。

 昔々ハードオフで買ったBOSS VT-1。 音声を変化させるもので、この当時はボコーダーは成立してましたが、ボイスエフェクトというのはまだまだで、今だとフリーソフトでもあるし、電気屋のワゴンセールで小さなメガホンのおもちゃの形でおいてあったし。。。。
DSCN0291.JPG
変なことに使おうとは全然思ってないのですが、今では変なことにしか使えなかったりする。

 こう寝てばかりいると、くだらないこととかもよく考える。 よくわかんない夢も見る。
子⇔牛 子;小さい、ちょろちょろしている 牛;大きい、動きが緩慢
寅⇔卯 寅;肉食系、狩猟系 卯;草食系、被狩猟系
辰⇔巳 辰;空を飛ぶ 巳;地を這う
・・・
結論は 無い。

曲も 無い。

では。

8月 風が涼しい [楽器]

 お盆過ぎて、風が涼しくなってきたようです。 東北は盆過ぎると海水浴には適さない。 

古いレコーディング機器でも、今更ながらブログに書き込むのは、それなりに(いや 無いかもしれないけど)意味が後から出てくる・・・かもしれない。

今日は ZOOM R24を買う前の 主力戦闘機 

Fostex VF80 ハードディスク式MTR (E-IDE 40GB 交換可能)
とっくの昔にディスコン。 しかし丈夫。 
vf80-1.jpg

VF80 リアパネル 電源&スイッチ、ファントムの切り替え、 S/P DIF IN&OUT , MIDI IN&OUT
vf80-2.jpg

右側面に CD-R/RW トレー  遅い。
vf80-3.jpg

それと底は熱くなるので、ノートpc用の冷却台(USB電源) ドスパラで500円 (かなり効かない)
vf80-4.jpg

あと、もう一台 KORG D888 これもハードディスク式MTR (多分40GB)
ハードオフで製造中止が近づいてきたときに、何故か中古市場に多く出ていた。
d888-1.jpg

リアパネル 電源&スイッチ、USB2.0, MIDI OUT , S/P DIF OUT
d888-2.jpg

音の入出力と信号の入出力  ピンジャック、標準プラグ、デジタル端子、光端子、midi端子、USB端子・・・  ちょうど変化する時期で付いているのも 様々・・・

そいでメディアもHDD(E-IDE) 因みに、これをSSD(E-IDE用のSSD あるようです)に変えてもこの規格の速度が元々遅いので、どうにもならないようです。

7月 暑さ寒さも彼岸まで [楽器]

 少々々々 暑さに馴れてきた ような気がします。

オリンピックも色々と大変なようですねー(・・・棒読み)   うなぎ 食べてないや・・・ 牛 も食べてない
う が付くもの うこん うどん うり うに ・・・

宮城は 涼しいとこは ・・・ 山奥? 流石に高度が上がれば気温は下がりますが、紫外線は強くなるし、 秋保大滝・・・ 虫が涼んでます。  この前バイクで山の中(仙台、名取)走ったら、蛇さんに遭遇。 そんな神の使いに粗相はできません。 かかわらないよう退散。 仙台中心部に近い広瀬川河岸では、熊が木の上で涼んで寝ていたら撃たれてしまった。(災難だ)   
さて涼しいのはどこだろう?  アメダスで見ると気温が低いのは、海岸線なのだ。 しかし海岸は工事で・・・
しょうがないのでGyaoで稲川 淳二なぞ拝聴。  彼岸の域に到達か!?

最近使っている BOSS BR-864 これはハードオフの中古。 8トラックMTR CFカード使用 リズム機能有 あとはエフェクターがBOSSのもの 同時入力は2入力 一つはギター&ベース Hi-Zを直接入れられる。
しかし、エフェクターはエディットするには面倒である。 USBは付いているがオーディオ・インターフェース機能は無い。 メモリーからのファイル出し入れだけ。

一応マイク(左手前)が付いている(一つ) 同時2入力でこのマイクを使うことも可能。
BOSS BR-864.jpg
奥の扇風機 安いし使いやすい。 左右の吸気口に換気扇用のフィルターを張っている。

CFカードは第1世代で1GByteがMax マルツパーツ館で購入。ヨドバシとかでは売ってない。
BOSS BR-864-2.jpg

電池 単3 6本  軽いので野外に持ち出しが楽。  (一度 車内でボーカルを入れた)
BR-864-3.jpg

 この辺りのMTRは CFカードかスマートメディア SDカードだと大体メーカーがシステムバージョンアップしてSDHCが使えるようにしているとこが多いけど、 CFとスマートメディアは厳しい。 (従って中古は安い!)

 サントリーのエスプレッソーダ飲みました。 んー 微妙  アイスにかけて アイス・エスプレッソ+炭酸かな?    いや やりませんよ。

7月 アナログとか [楽器]

いやー 暑くなってきましたね。 夏はクエン酸ですか!?美味しくてもクエン酸 ん??

先ず 私が使っているデジカメなんかを紹介します。
YASHICA F537IR(左) NIKON L23(右) 
デジカメ1.jpg
昨年5月に買いました。 L23は単3 2本で動きます。F537IRはUSBで充電。
因みに嘗てのヤシカとは関係ないようです。 両者とも動画も撮れます。Yashicaは赤外線モードもあり、(赤外線LED付き)  大き目のSDカード入れて一晩動かしっぱなしにすれば、夜中の狸とか撮れるかもしれません。この辺は出ませんが・・(できんのかな?やったことは無い)  F537IRは画質は悪いですよ。

次にペンタックスistDL (with 18-55mm ) と 75-200mm*1(Pentax), 75-300mm*1(Tamuron)
(*1: 35mmフィルムカメラでの換算値)
デジカメ2.jpg
(600万画素のistDLですが、1200万画素のNikon L23より 画質、解像度 全然良い!)

うちには 長いこと使ってないアナログ系って ありまして
 たとえば レコードプレーヤー これは それほどまでに古いものではない。 十数年ぐらい。
音飛びするので、先ずは平行に直さないと。
レコプレ.jpg

鳴りました。 レコードはミッシェル・ポルナレフ・ベスト盤
レコプレ2.jpg
これはペンタックスSF-7 35mmフィルム式の一眼レフカメラです。 これも使ってない。
SF7-1.jpg
アイピース・アダプターが劣化崩壊。
(フィルム入れっぱなし。。いつのだ?)  電池 2CR5
使ってみようかなぁ・・・ 電池替えれば多分動くだろう。 多分。
・・・そうです istDLのレンズはSF-7からの持ち越しです。
SF7-3.jpg
そして これは 何でしょう?
裸のX-18.jpg
Fostex X-18 カセット式4Trマルチトラックレコーダー
X-18.jpg
動くんですけど、 接触各地で悪化  叩いて動かす。 
入れてみましたが、正直 厳しい。   ・・・気長に頑張ってみよう。(多分諦め・・)
思えば昔は機材とか少しずつ増やしていったのですが、それに伴う活動はあまりしていなかったなぁ・・・

7月 再結成してた・・ [楽器]

 暑い暑い と思ってたら 金 土 日 は 20度前半(仙台) ・・だそうです。
今日も午後から涼しくなった。  やませ ってやつです。

 栗無損で1曲 っと思って 行き詰ってきたので、Robert Fripp & The League of Crafty Guitarists を聴いていて、 そういえば・・ 突然 Penguin Cafe Orchestraを聴きたくなり ネットで検索したら 以外と出てきた。
おや、 昨年 再結成したそうで、 アルバムもリマスターして出している。 今年10月日本に来るってさ。 ユーチューブでもたくさん出てきた。 なんということだ! 言ってくれよ みたいな。

 なので ギター それもガットギターで かな? 
ガット1.jpg
ガット3.jpg
ガット2.jpg
弦が・・・

まーそう言わず 皆で頑張ろう バンガロー宮城
勢ぞろい.jpg
ぞうさんもいるぜよ

6月 無事金星通過 [楽器]

 6月 金星無事通過 見なかったんだけど・・・ほとんど曇ってたしねー。

 金星 黒点より大きかったですね。金星日食とは言わないのかな?

 Windows XPのPC(ノートPC2台) まだずっと使うつもりなので、フリーのシステムお掃除関係のソフト ccleaner 使ってみました。
 いやー 結構いいですねー。 特にFirefox 速くなりました。 立ち上げとかページの表示も。

で、調子に乗って 窓の手、Win高速化、 Glary Utilities とか。 Win高速化ってのはWindowsの設定を軽めのものにしていく。 Glary Utilitiesっていうのは レジストリーのデフラグ。 レジストリーのデフラグは一瞬ヒヤッとしたのだけれど (レジストリーのデフラグ:再起動のとき画面が壁紙のみで返答なしになった。 どうしようもなく強制電源OFF で立ち上げた。 無事立ち上がった。デフラグは無事完了のメッセージが出た)
うーーん 最初の軽めの処理で十分である。

しかしFirefox・・・ WaterfoxとかPale Moonとか。 64bit用はFirefox(32bit)との優位性が出てからかな。
Firemin使ってみました。 確かにメモリー使用量は減ります。 何故?? あとは極端にハードに使ってみて優位性が出るかどうか?!
関係ないが、Google Chrome入れてしまった・・・ 他のソフトを入れたときに一緒に入っているのを(いつもはチェック外してたのに・・) しかし邪魔とは言えない。

 土曜の怪我 まだ絆創膏張っているが、 もう大丈夫かな・・・ 痛みとかは全然無いし。

 走る爆弾娘、、 ホームヘルパー2級 取得していたのだと?? 取れるんだねー。

今までの演奏で試用してきたマルチエフェクター(ギター&ベース用)です。
上段 AX3G(KORG), AX3B(KORG),TONELAB ST(VOX)
中断 506BASS , G1u , G2 , B1X (ALL ZOOM)
下段 POD2(LINE6) , GT-3(BOSS)

マルチエフェクター全.jpg

ZOOM G1u&G2.jpg

VOXのTonelabはKORG傘下だけあってKORGの「石」入っています。 Tonelab STだけ新古品で、他は中古です。
で次の写真は左がG1uで右がG2。 G2から頑丈になってます。正直 ジャックの受けがちゃんと固定されていないタイプは、☆丁寧に扱いましょう☆。
流石に少ないスイッチ数でいくつかのパラメーターをいじるので、取説見ないと・・・全部頭にはいているわけではないんです。 POD(LINE6)は殆どアンプシミュレーターでエフェクターはおまけ。 GT-3(BOSS)は万能タイプ。 Tonelab STもほぼアンプシミュレーターです。 AX3GとかG2とかはマルチのエフェクター色が強い。 シンセとかキーボードのエフェクターを使うより、こちらを繋いだほうがエフェクトしやすい。

そういえば、ブログにUpできるファイル(容量)は1Gだったんだっけ。 使用領域100Mで70M超えると追加申請するんだった。
昔の音源消す必要は無かったのだが、最初の頃のファイルは、実は・・・ wav→mp3の変換設定間違えて、音質が悪くなっていたのだった・・・

3月 こっちも少しゆれゆれ [楽器]

千葉沖 揺れてましたね。 なまずの頭あたりですか?! 奈良の鹿とお話ししないと。
 先日、痛風の検査でしたが、全くの正常値。 半年前は一応正常値。コレステロール等も正常値。 しかし薬はまだ続いております・・・

一応 貼っておきますか。 

DSCN0078.JPG

CASIO VA-10 32鍵(ミニ鍵盤) 100音色(同時6音) 
          リズム12種類 デジタルエフェクト 60種類
          チューニング(A=442Hz) 固定 (←うわー固定化かよー) 
          機能 ハーモニーアレンジャー (録音したメロディに4種類までのコード進行
          を自動的に負荷)
              ピッチセンサー (マイクからの音の高さを検出しそれに応じて発音)
          ’93年購入

DSCN0080.JPG

YAMAHA DD-7  4パッド リズムスタイル100種類 パッド対応楽器音52種類
            機能 オートロール、カウントスタート
            いつ買ったかな??

VA-10 あるから 使ってみました。 フランジャー等のうねり系のエフェクターを設定し、隣接するトーン(C,D)でうねらせ、うねりにうねりが出るとは知らなかった。 うねうね ね。

いつも使っている DD-7  バスドラもこれで叩きます。 そのせいか やや遅れてしまう。 ドラムのことは私よく分からないんですが、 基本は バスドラとスネア なのかな? ハイハットは+αみたいな・・・ バスドラとスネアでノリが決まるようなので。

 ソネット ブログ 夜間でも動きがいい(みたい)ですね。

1月 ベース3兄弟 [楽器]

 大丈夫か?? so-netさん 今、かなり重いぞーー

 今日はベースの曲を聴きながらベースの話デモするつもりでしたが、・・・・できませんでした。
3本ベース持っているんですが、 その3本を使って曲を作ろうと、 ちょっと無理があるかなとは最初に思ったのですが、その通りでした。 写真ぐらいはあるんで、

bass1.jpg

 左奥 赤いベース Fender Japan PB-42? 日本製(多分フジゲン)
 右奥 青いベース Edwards E-JB-87 P.Uはセイモア・ダンカン
 手前中央 白いベース フェルナンデス FRB-45M ミドルスケール フレットレスに改造

 赤いベースはもう20数年前に買ったのですが、管理が悪かったので順反り状態、ある程度は直ってます。 現在 ブラック・ナイロン弦(テープワウンド) 弾き易いですよ。 ただ、ナイロン弦は電気的に絶縁で 人体アースと接していないため ノイズが載っちゃいます。 ブリッジとか触れば消えるんですが。 やっぱり普通の弦がいいですね。 音は全域に渡ってフラットな感じです。 青いベースは現在の主流機 エドワーズ1世です。 作りも音も気に入ってます。 現在エリクサーの弦を付けているんだですが、これはポリマーが被覆してある弦です。 これもやや導通が悪いようで、ナイロンほどではないですが少しノイズが入るようです。音は何でもこなせる スラップとかもいいですよ。 そして手前の白いベースはミドルスケールなので弾きやすい。でもってフレットを引き抜きフレットレスにしています。 溝には木工用パテで埋めて、あとネック全塗装。 光ってます。 フレットレスって 倍音成分がほどよく減衰しているようで、まろやかな音色を出します。 本当はFJのフレットレスが欲しかったが、ミドルスケールで自分でフレットレスにしたほうが安上がりだろうと・・・

 何だかんだ言っても、ベースはベース。 アンプはともかく、あとはエフェクターで音作り。 そして自分の腕前。 なかなか主役にはなりませんからね。 地味な役回りですね。 

 今日は雪 積もりましたが、今日明日は暖かいようなので解けるようです。 しかしその後平年より寒い日が続きそうです。 当分洗車とか諦めようかな。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遊んでますよZOOM G1u [楽器]

Zoom G1u 面白いです。 ZFX Toolsも 繋げて遊んでみました。

操作はPCで、USBでG1uとPCを繋いでいます。 操作はPC側で行えて、ドラム&ベースのシーケンサーの音もG1u側から聞こえます。 PC側からは聞こえません。 レイテンシーは全く無いです。
ZFX Tools 1.jpg
じゃあ 他のVSTでアンプシミュレーター等のフリーソフトでギターの音をいじってみました。
VSThost:vsthost(フリーソフト) VSTefc:FreeAmp2(フリーソフト) Audio Interface: Zoom G1u
FreeAmp2.jpg
いやー 当然今度はPC側から音が出るのですが、レイテンシーが大きくて 船酔い状態です。 音も割れています。 多分PCの性能の低さかな? ZOOMから提供されているASIOドライバー使ってるんですが・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EMGギター [楽器]

DSCN0001.jpg
Edwardsのレスポール・カスタム タイプです。ネックはエボニーです。めずらしい。そしてピックアップがフロント&リア共にEMG81がついています。めずらしい。というのはEdwardsはESPの製品ですが、特にEdwardsにはセイモア・ダンカンのピックアップが付く場合が殆どなのです。輸入代理店でもありますし。 2010年1月 ハードオフで購入。historyのテレキャスと迷ったのですが。ネックは順反りでした。(自分で直した) 電池は裏蓋を開けて交換せねばなりません。裏蓋は木ねじで止めてあります。 音はEMG特有の うなりは無いけどノイズも無い。エフェクターのノリもよく。 これを買った後に気づいてのですが、
エレキギター:ZO-3 , Cool-Z LPC , Edwards LPC (LPC:レスポール・カスタム・タイプ)
ベース :フェルナンデスFRB-45,Fender Japan PB,Edwards Jbタイプ
エレキギター、ベース共にフェルナンデス、フジゲン、エドワーズ(ESP) 
Cool-Zはフジゲン製、Fender Japanもフジゲン製(その当時)
・・・となった。
(あと韓国製のギターが1本あるが)

 アンビエント音楽・・・アンビエント音楽にも色々ジャンルはあるようですが、私が聴く無機質なアンビエント音楽はどのジャンルなのだろうか?
 ネットラジオでいうと、iTunes /ラジオ/Ambient [Drone Zone from SomaFM ]
ブライアン・イーノとか・・・
私はアンビエント音楽は、音楽と雑音のハザマにあると思ってます。というか境界線の音楽側。最近の音楽は左脳が働く。リズムを数えコード進行の周期性を考え、歌詞とメロディの流れからメッセージを受け取る。アンビエントの場合、その辺が全てうやむやになる。右脳的に言い表せないイメージのみ表現になる。 ところで、西洋人と日本人とでは音の聴き方が違うってよく言いますよね。 あれですよ、鈴虫の音を西洋人は単なる環境の音として右脳で聴く。 日本人は左脳で聴いて風情を感じるってやつ。 とすると、ちょうどこの微妙な音とノイズのハザマにある音楽を、西洋人と日本人は違う脳で聴いている可能性もあるんじゃないか? と。じゃあ作る音楽も自然と変わってくるはずですが。   今の若い人は風情を感じる音楽を聴いているかどうかは知らないので、どこまでこの話は通じるのか?! 日本語自体かなり左脳的だと思うし大丈夫か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Cool-Z [楽器]

Cool-Z-1.jpg
Cool-Z レスポールカスタム タイプ 黒

 2010年12月の暮れ、ハードオフの鶴巻店にて衝動買い。殆ど新品、よく見るとブリッジに傷。
金メッキが剥がれています。造りはいいんじゃないかな。弾き易いです。音は大人しい。ハードオフ鶴巻店は今回の震災で閉鎖しちゃいました。残念だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽