So-net無料ブログ作成
音楽その他 ブログトップ

風邪その後 [音楽その他]

 風邪は治ったと思っているのですが、鼻はまだ調子が悪い。 そろそろスクーターの時期も終わってしまうので、今一度乗りたいものの、なかなか思うようには行かない。

 体温が恒常的に35度台とはいえ、一時的に36度台にすることはできます。 ウォーキングとかの運動。 風呂(3度漬かり) 恒常的には筋肉を付けるのが必要なんでしょうが、なかなか。 風呂は2度漬かりでは不十分で 3度漬かりで36度台になりました。

 Studio One 3 Artist は VST/AU/Rewire Support を購入。 これで他のVSTを使うことができる。 付属のシンセでは、シンセの音としてはいいものの、ピアノとか生っぽい楽器とか(へんな楽器とか)はいまいちで、他のプラグインを使いたいと思っていました。 AUは使ったことは無いので、VSTとAUとなにか違いが出るのか? ひとつのプラグインでもVSTとAUを両方用意しているとこもあるんですが、どうなんでしょう。(因みにWindowsのDAWではVSTが一般的であり、AUはMac系のDAWが多い。Pro Tools だけAAXという規格になる)

 そういうわけで、また過去の曲でも。 実は一時期PCトラブルで過去の曲が消失し、手元に無い曲があり、しかしネット(ブログ)には残っている曲を一度掲載させてもらいます。

急速に深まりゆく


延々と流れていく


ゆらゆらと揺れ動く


凛々と飄々と


1515


冬の訪れ


Melancholic Street ~迷い道~


Dark Six Days


五汁一采


My nostargia


Hello Mr or Miss Lonely


Hibernation



nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マイク位置とか [音楽その他]

 昨日25日は蔵王の初冠雪が観測されたそうだ。 ほぼ平年並みだ。
朝方は冷え込んできた。

エレキギターというのは、ギター+エフェクター+アンプというのがひとつのセットであるが、実際はアンプを鳴らしてマイクで録るというのは宅録ではきつい。 なのでアンプシミュレーターというものを使う。(いや、どうしても使わなきゃならないものでもないかもしれない) 

Ableton Live 9 Lite はバンドル版だけあって、簡単なものだけである。
Live9Lite AmpSym.jpg
下のほうに入っているつまみだけのもの。

CubaseではLE版からこれが入っている。
cubase ampsym 1.jpg
アンプとキャビネットの選択ができる。 (意外と評判はいい)

Cubase Elements になってからこれが入っている。
cubase ampsym 2-1.jpg
アンプ、エフェクター、キャビネット、およびマイク(コンデンサーとダイナミック)の比率と位置。

Studio One 3 ではPrime(無料版)からこれが入っている。
so3 ampsym.jpg
アンプ、エフェクター、キャビネット、およびマイク(3本)の比率、位置。 (プリセットでマイク種類は固定?)

・・・正直、ここまで拘ってはいません。

しかしマイク位置ってのは、重要なんだろう。
たとえば、前川清さんのマイキングとか、
https://www.youtube.com/watch?v=9Fwy2n4LR54
初期の映像だとほぼ固定状態が、だんだんとマイク位置も変化して行く。

それはいいとして、

今日は誕生日なので、昔の曲でも。
UFO Flatfield - アムロ・シャーとララー (原曲Pink Floyd - Atom Heart Mother ,参考楽曲:与作)

(2012.11.18)

UFO Flatfield - 海の中 (2012.10.25)


UFO Flatfield - 痛い風 (2012.10.13)


道なりに


猫 横断中


そうそう、写真でも。
10/26 月齢6.75
20171026 moon.jpg

蔵王の紅葉
20171026 Aone.jpg
nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月の中秋 [音楽その他]

 10月4日 中秋の名月
20171004 moon.jpg
なんかスーパーに団子とか置いてあったから、何かと思ったらこれだったのか。

宮城 山元町 磯浜海岸
20171004 Isohama 1.jpg

20171004 Isohama 2.jpg
(最近安易にHDRっぽい仕上げ。なんせカメラがL23なので)

昨日からの寒気は、10月はじめとしてはかなりきつめの放射冷却だ。 今年は寒くなるのが早いのだろうか?
北欧のプログレはなぜあんなに寒いコードを鳴らすのだろうか? 
スウェーデンのプログレから、 

Makajodama - Reeder Felgen Blues
https://www.youtube.com/watch?v=iMkLYITdz5k
(アネクトデンの影響も強く、メンバー構成とかクリムゾンっぽいとことか似ている。)

My Brother The Wind - Fire! Fire!!
https://www.youtube.com/watch?v=jawk_WnGsX4
こういうスタジオライブをそのままカフェにしたらどうなんだろう。 客席とかとはアクリル板で隔てる。FMとかCDを聞いているかんじで茶をする。 (ライブで聴くと、翌日まで耳がきーんってなっているからね)


古い曲から、
UFO Flatfield - マクベス第6幕 (2014.9 )



Cubase Elements 9 も Ableton Live 9 Lite も使ってますよ。 Cubaseといえば、この人。
最近癖になっている曲。
岡崎体育 Natural Lips
https://www.youtube.com/watch?v=Qs9C5sVJuVs
見ながら聴くと日本語。 目を瞑って聴くと英語。
nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Studio One 3 Artist 購入 [音楽その他]

 Studio One 3 Artist 購入しました。 ヨドバシ仙台店にてUSBパッケージ版を購入。

パッケージ版なのでUSBとアクティベーション・コード付きカード。 マニュアル(インストールガイドをショートカットキーの説明)ぐらい。
アカウントに関してはすでにPrimeで取ってあるので、USBの中のインストーラーでインストールし、あとはブラウザにてMy Presonusにログインし、アップグレードにて新しいアクティベーション・コードにて認証。 Primeを立ち上げでアクティベーションして、そこでも新たなアクティベーション・コードを入れると再起動を促され、Artistが立ち上がりました。 新たなファイル等はUSBに入っています。
 次はVST等プラグインを使えるようになるアドオンを購入しようと思ってます。

丸森 かかし祭り (準備中)
2017 Marumori Kakashi 1.jpg

2017 Marumori Kakashi 2.jpg

2017 Marumori Kakashi 3.jpg

2017 Marumori Kakashi 4.jpg
(中に本物がいないかちょっとどきどき)

過去の曲から、

午前2時  (時報はE.Guitar + リング・モジュレーター) (2013.9.22)


男か女 (2013.8.11)


You really got me (original : kinks - You really got me) (2012.10.14)

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東チモール(豆)購入 [音楽その他]

 コーヒーをフリゴレス名取店にて、東チモールを購入。
higashi timol 1.jpg
産地 東チモール Ermera
Lauana & Eraulu Farmer Groups
品種 ハイブリッド・チモール
標高 1200m以上
製法 推薦、天日乾燥
東チモールといば1999年独立したインドネシアの東側の国だ。 ここは石油が出るので豊かなほうだが、石油がなくなったときのために、コーヒーにも力を入れている。 200gで¥1400円 やや高め。 フェアトレード。 東南アジアのコーヒーに関しては、日本はフェアトレードに近い購買をしている。
 アラビカ種は害虫に弱い。 1000m以上ではアラビカ種。以下ではロブスタ種。 カフェインはロブスタのほうが多い。 コーヒーにつく害虫はカフェインに対し抗体を持っているが、より少ないアラビカのほうが被害を受ける。
 そういう意味でも、害虫、病気に強いロブスタとアラビカのハイブリッド種の開発とかコーヒー農家も色々努力をしている。

higashi timol 2.jpg
東南アジアのコーヒーは、水分多め。

higashi timol 3.jpg
東南アジア系は濃い。 色とか。  湯温度をやや低め(75度)で淹れるとまろやか。 というか熱いとちょっと酸味等強すぎ。

 以前、ハードオフでフジのX10が置いてあり、その手のデジカメを見るのは初めてで、 所謂、コンデジでありながら、大き目のセンサー、控えめの画素数、 MF ビューファインダー付き という高級志向のコンデジ。 調べてみると、もうすでにX20、X30が出ていて、次はローパスフィルターレスというのがトレンドになっていて、昨年ニコンの安いのを買ってみたんですが、
nikon1 s2 1.jpg
これはミラーレスですが、 MFとかローパスフィルターレス、CCDは1インチ。 画素数は1400万画素。
ファイダーとかは無いんですが、
nikon1 s2 2.jpg
マニュアルモードは右手前のダイヤルを回す。(拡大) 
そのローパスフィルターレス、つまりハイカット・フィルターが無い というのは、
moare.jpg
こういう もあれ が出やすい、というのですが、これは無理に出してますが、 実際はそんな神経質になるほど出ないようです。(クリックして拡大すると、網戸によるモアレが見えます)
senpuki.jpg
これは 違うか・・・ストロボ現象。

エイリアス・ノイズ。 折り返し雑音。 画像のほうは良く知らないんですが、音楽のほうでは、音楽制作とかのデジタル音楽で発生します。
 サンプリング周波数の半分、(ナイキスト周波数)を超える信号があるとき、モアレのように信号が折り返して雑音になるというやつです。 サンプリング周波数が44.1kHzの場合は、22.05kHz以上の信号が入ってきたとき、このエイリアスノイズが発生するそうです。 AD変換時にフィルターを通すとか、ソフトシンセとかでも出ちゃうようなので、オーバーサンプリングでフィルターでカットするとか、
AntiAlias.jpg
これはAntiAlias という32bitVSTのプラグイン。(フリー) オーバーサンプリングしてノイズを除去する。 基本的な対策では、作業するサンプリング周波数を高くしちゃえば、ナイキスト周波数も高くなるのでエイリアスノイズは発生しにくくなる。  実際問題、うちのDAW環境でどのくらいのエイリアスノイズが発生しているのかわからないのでなんともいえないんですが、 入力時に発生して無くても、対策がされてないソフトシンセで対策のされていないサチュレーション、コンプレッサー等の使用により、この雑音が出て来るそうだ。  最近出たZOOMのTAC-2とかは入出力時にオーバーサンプリング(&ダウンサンプリング)でエイリアスノイズを取ると書いてある。
 家の環境ではサンプリング周波数は48kHz。 フリーのプラグイン等も使っているので、結構出ているはずだ。

強行 [音楽その他]

 ここ数日4月下旬並みの日と、一転して平年並み寒さが来た。 特に一つの地域に住んでいる場合はそれほど問題ではない。 しかしその変化の激しい日々に場所を移動する場合は、どんな服を着ていればいいのか悩ましい。

 土曜は東京の国分寺という所でのライブを観に行った。 所謂、多摩川音響さんのライブである。
Tamaon-1.jpg
Tamaon-2.jpg
すばらしい演奏であった。  帰りがけに挨拶しようと思っていたが、ごたごたしていたのですぐ帰った。 

Ultraman-Tiga.jpg
(東北道あぶくまPA下り、ウルトラマン・ティガ)

音楽カセット [音楽その他]

 寒波ですねー。 だんだん暗くなるのが早くなって、街路樹の銀杏の葉が強風で道を覆う。
mitazono-eki.JPG
kousaten.JPG
ichou.JPG

 1日4~5杯コーヒーを飲むといいとネット等で言っているが、私は1日1杯なのだが、そういうならば少し増やすか・・・ただしインスタントを・・・
instant cofe.JPG

 Reconquistaさんという音楽専門店にて音楽カセットを買った。 音楽カセットなんて買ったのは超久しぶりだ。
Tamaon driwd cst.JPG
Suzuyou ttwsf cst.JPG
普通に考えて音楽CDよりも音楽カセットのほうが製造コストは高くなりそうだが、これにダウンロードコードがついていて、Bandcamp のページでRedeem codeをクリックし、カセットについてきたコードを入れれば音楽ファイルがダウンロードできる(全曲) ファイルの種類は色々あるが、落とせるのはunlimittedと書いてあるからそうなんだろう。
 カセットはノーマルテープで、ドルビーとかもちろん使っていないので、”サー”というテープヒスノイズは出るが、それはそれでそういうものだ・・・ でもってPCにダウンロードした音楽ファイルのほうはノイズレスだ。

 それと、買っちゃた。
Ac 2priamp.JPG
 島村でBOSS AD-2を購入。(CP-1Xはもう売られているんだね・・・) 新しく出来たハードオフでHartkeのAcoustic attack pedal があって、それも買ってしまった。 これらのレビューはこの次に。

11月 特に何も無いのだが。 [音楽その他]

 何もないというわけでもないが、 ハードオフで 富士フィルムのX10とかXQ-1 とか置いてあって心が揺れたり。 

 アメリカの研究報告書で、コーヒーを1日3~4杯飲むと死亡率が低くなるとかあったが、 アメリカ得意のコーヒーネタだ。 じゃーコーヒー飲んでない人は何を飲んでいるのだろう? アルコール、炭酸品量、ミルク、水、飲まない。
ミルクは精々食事時か。 炭酸飲料とか、死亡率上がりそうだなーとか・・・

 最近は SoundCloud にあまり載せていないので、以前の曲をちょっとリマスタリングしてのっけている。

Seven Wonders Of Sendai City (Sendai Mysterious Seven Stories '15.4.29)


一昨日はしし座流星群が極大日だったようだ。 3時ぐらいに東の空 50度ぐらい ん~~眠いし寒いなー。

本日の月
20151119 moon2.jpg

20151119 Moon1.jpg

8月 夏休み自由研究か? [音楽その他]

 どうも買ってくるマイクを、これはいい音だ! と言ってしまう。 ヘッドホンで聴いている分には、いい音に聴こえるわけですよ。 その後の編集が良くなかったか??? あとで比較して聴くと、それほどでもなかったりして・・・

 そんなわけで、波形を見て比較してみた。

音源 ARIA AMB-35 ナイロン弦 Eコード(ローポジション)
     ピックを使用。 21フレット近辺でダウンストローク
使用機材 PC (Acer Aspire 5750 , Win7,64bit)
       Sound Engine Free 44.1kHz,16bit Mono
          時系列波形とスペクトルを比較
比較機材 1.ギター内蔵ピエゾマイク (ZOOM A3 No Remodeling & effect , Flat Input)
       2.チューナー用ピエゾマイク Kyouritsu KTM-1200 ( 上と同じ)
       3.audio-technica AT2020 (Condenser Mic , US-322 Direct)
       4.Shure PG81 (Condenser Mic , US-322 Direct)
       5.Shure PG48 Dynamic Mic)
       6.audio-technica ATL180 (Condenser Mic , US-322 Direct)
採音位置:ホールから約15ch程度。 外付けピエゾはホール下位位置固定。
それぞれ1マイクずつ録音。
時系列波形とスペクトルを記録。 スペクトル位置は、1-6弦がなって1秒以内。

時系列波形
1ギター内蔵ピエゾ
aria ny inner piezo a3 raw 2.jpg
2.チューナー用ピエゾマイク
aria ny outer piezo a3 raw 3.jpg
3.AT2020
aria ny outer at2020 us322 raw 2.jpg
4.PG81
aria ny outer pg81 us322 raw 2.jpg
5.PG48
aria ny outer pg48 us322 raw 2.jpg
6.ATL180
aria ny outer atl180 us322 raw 2.jpg

スペクトル
1.内蔵ピエゾ
aria ny inner piezo a3 raw.jpg
2.チューナー用ピエゾ
aria ny outer piezo a3 raw 2.jpg
3.AT2020
aria ny outer at2020 us322 raw.jpg
4.PG81
aria ny outer pg81 us322 raw.jpg
5.PG48
aria ny outer pg48 us322 raw.jpg
6.ATL180
aria ny outer atl180 us322 raw.jpg

6種類同時録音とかなら比較もはっきりするだろうが、、、個別録音なので、色々と違う部分は多い。  ピエゾはやはり減衰が速い。 ギターボディの音響には左右されにくいだろう。 コンデンサーとダイナミックは、その音響部分を録っている。 内蔵ピエゾはスペクトルバランスもよく、高音域もよく出ている。 外付けピエゾは固定位置が不利であったか・・・ コンデンサーとダイナミックはそれほど差は出なかった。 人が聞くことを考えれば、コンデンサー&ダイナミックのほうが近いだろう。 その分内蔵ピエゾは高音域が強く、あっさりしているといえる。 


音楽その他 ブログトップ